ホーム > 現金化 > 現金を得る方法の1つであるクレジットカード現金化について

現金を得る方法の1つであるクレジットカード現金化について

現金が必要になった場合には、カードローンや消費者金融などを使って借金をするという方法があります。

ただし、収入証明書の提出や家族構成を伝える必要があり、最終的には借金ができない場合も少なくありません。

カードローンや消費者金融を利用しなくても、ショッピング枠で購入した商品を売却して現金を得るクレジットカード現金化という方法があります。

これは自分で行うこともでき、換金性の高い商品をネットオークションや買取店でできるだけ高く買い取ってもらうことが大切です。

ただし、自分で行うとカード利用停止になるリスクが高いです。

ショッピング枠を転売目的で利用することは、多くのカード会社が禁止しています。利用者のショッピング枠の購入履歴はすべて残るので、換金性の高い商品をショッピング枠でたくさん購入するとカード会社からの監視が厳しくなります。

一方、業者に依頼してクレジットカード現金化を行う場合は、カード決済代行会社を通すので利用者が何を購入したのかをカード会社が把握することは難しいです。

したがって、業者に依頼した方がカード利用停止になるリスクが低いです。手数料が別途かかって最終的な換金率が70~80%程度になりますが、優良な業者に依頼した場合には即日で現金を入手することが可能です。

業者を選ぶためには、業者のホームページで情報収集すると良いです。ビジネスとしてクレジットカード現金化を行っている業者はホームページ制作にも力を入れていて、ホームページ制作会社に制作を依頼しています。

また、デザインに加えて会社の所在地や運営代表者のフルネームや建物名や設立年月日などの記載があることも、業者を選ぶうえで大切です。

ネオギフト 評判が記載されたこちらのサイトもクレジットカード現金化の参考としておすすめです。


タグ :